日本人は何故ここまで「韓国嫌い」になったのか。(嫌韓年表)

男性ビジネスマンの80%が「韓国嫌い」


現在35歳の読者が学生だった頃、つまりほんの十数年前まで「韓国が大嫌いだ!」という日本人はそう多くなかった。ところが今や「嫌韓派」は堂々たるマジョリティ。夕刊紙は嫌韓記事を日々連発、韓国批判がテーマの新書はたちまち増刷。一体なぜか? それを検証すべく、’00年代以降に起きた韓国関連の主な事件をピックアップ。300人アンケートから「当時、韓国への反感が増した」と回答した人の割合を年表にまとめたところ、’11年頃を境にムカツキ度が加速していた。

Q:韓国についてどう思いますか?

【男性ビジネスマン100人】
・大嫌い:45人
・どちらかと言えば嫌い:35人
・どちらかと言えば好き:17人
・大好き:3人

【学生100人】
・大嫌い:28人
・どちらかと言えば嫌い:27人
・どちらかと言えば好き:32人
・大好き:3人

【専業主婦100人】
・大嫌い:27人
・どちらかと言えば嫌い:28人
・どちらかと言えば好き:32人
・大好き:3人

<年表>
◆2001~2006年韓国ムカつき事件簿

※%の数字は「当時、韓国に対する反感が増した」と回答した人の割合

【’01年】

●『新しい教科書』の内容に対し、韓国が抗議&内容修正を要求

内政干渉レベルの迷いなき反抗。当時は日本国内の有識者からも「加害の記述を後退させた!」などの批判があり、日本での反応は今では考えられないほど薄め:19.3%

【’02年】

●サッカーの日韓ワールドカップ開催
※現在の嫌韓の源流を作った記念碑的事件

日韓ワールドカップ日韓友好のお題目とは真逆の方向へ突き進んだ負のターニングポイント(詳細はhttp://nikkan-spa.jp/539571)。「当時は義憤に震えた。あれこそが大きな一歩だった」(38歳・自営業):23.7%

【’03~’04年】

●『冬ソナ』ブーム

来日ヨン様に狂喜する主婦軍団へ、冷ややかな視線も降り注いだ。メインカルチャー「韓流」に対するサブカル「嫌韓」の橋頭堡がここに築かれたのである:10.7%

【’05年】

●島根県「竹島の日」制定に対して、韓国で大規模抗議デモ

島根県「竹島の日」制定に対して、韓国で大規模抗議デモ韓国政府は竹島への民間人上陸を解禁。今や愛国者感涙の観光地だとか。以後「独島を取り戻せ」デモは恒例行事に。’08年には日本の国鳥・キジをハンマー撲殺祭り!:58%

●マンガ『嫌韓流』出版

「嫌韓」の概念を一気に広めた問題作。同書は新聞社の紹介するamazon売り上げランキングから排除されるなど、マスコミにおける韓国の取り扱い方も露わに:15.7%

~第1次嫌韓ブーム@インターネット~

●16社の輸出用キムチから寄生虫卵が検出される

土中の人糞、動物の糞尿が感染源と見られ、衛生管理の問題や意識の低さが露呈。東京新聞のコラムは「なあに、かえって免疫力がつく」と無理やりフォロー:24%

【’06年ごろ】

●ネットニュースの「まとめサイト」で韓国系の記事が増えだす

嫌韓人口の増加とともに、韓国の実態?を伝えるまとめサイトが多数出現。「トンスルや韓国起源説などのユニークな韓国文化は、ここで知りました」(40歳・主婦):30.7%

<年表>
◆2007~2013年韓国ムカつき事件簿
※%の数字は「当時、韓国に対する反感が増した」と回答した人の割合

李明博の竹島上陸が「韓国嫌い」を加速させた

【’07年】

●米大学で韓国人留学生による銃乱射事件発生

バージニア工科大学で起きた銃乱射事件。死亡33人と犠牲者数は史上最悪となった。容疑者は韓国籍の男子学生であり、米国内でも反韓感情が高まったという:22.7%

【’09年】

●アメリカで「慰安婦の碑」建立運動始まる

慰安婦の碑’09年頃より慰安婦強制連行の真偽は諸説あるが、米国では“紛うことなき事実”として知らしめるロビー活動が進行。在米邦人も堪忍袋の緒が切れ、像を撤去する運動を開始した:43.3%

●第2回WBC。韓国チームがマウンドに太極旗を立てる

WBC日本代表に勝利した際の示威行為だが、世界的には「スポーツマンシップを欠く」と大ひんしゅく。結局、優勝したのは日本。実は第1回大会でもまったく同じ展開に:39.3%

【’10年】

●バンクーバー五輪で浅田真央とキム・ヨナが対決

国民的アイドル・浅田真央のピンチに国士が熱り立つ。「スポーツ大会は韓国の不正を暴く格好の機会」(42歳・商社)。キム・ヨナの金メダルには怒りの検証サイトが乱立:17.7%

●K-POPブームが本格化

日本メディアをジャックしつつ、反日精神も忘れないK-POPアイドル。「日本に笑顔を振りまいて荒稼ぎしてるくせに、実は反日という矛盾に耐えられない」(45歳・主婦):22.3%

●フランスの「ジャパンエキスポ」に韓国ブース出展

日本の文化を広めるための博覧会なのに、なぜか出展している韓国ブース。最近のニュースでは、コスプレイヤー一同が江南スタイルで踊っているという報告も:19%

【’11年】

●東日本大震災に対する韓国の反応

一部の韓国人からは許しがたい言動が。YouTubeに「一瞬に死んでください」といった不謹慎動画、サッカー会場では「日本の大地震をお祝いします」などの垂れ幕も:38.3%

●スイーツ世界大会で韓国チームが日本チームを妨害

’10年に開催されたスイーツ世界大会の模様が’11年にテレビ朝日系の番組で放送された。日本チームのアイスクリーム融解を狙い、共用冷蔵庫を開けっ放しに! そして、審判から厳重注意。韓国代表は「日本にだけは負けたくないんだよ」:44.7%

●高岡蒼甫ツイッター事件→お台場デモ

ネットでは芸能人までもが韓流やテレビ局を公然と批判。一方、怒れる有志はついにリアル決起。お台場デモは数千人レベルへ膨らみ、一般層への波及を見せつけた:26%


~第2次嫌韓ブーム@お茶の間~

【’12年】

●李明博大統領の竹島上陸&天皇への謝罪要求

李明博大統領,竹島過熱する反日シーンに、ついに登場した国家元首。日本メディアも驚愕の一斉報道で、一挙に嫌韓派を国民のマジョリティへと押し上げた:61.3%

●ロンドン五輪サッカー男子日韓戦での「独島パフォーマンス」

幾度となくタブーを打ち破ってきた韓国がまたやってしまった。「恥ずかしい行いに対して、世論まで『よくやった』と喝采を送るのが実に腹立たしい」(40歳・SE):43%

【’13年】

●観音寺(対馬市)の仏像窃盗事件

’12年に泥棒された日本の仏像を韓国が保護。そしてまさかの返却拒否。韓国文化財庁は返還の意向を見せたが、韓国地裁が返還差し止め。反日のためなら国際法もぶっちぎる:52.7%

●パク・クネ氏が大統領就任→「1000年恨む」発言

独立運動記念式典の演説にて。「反日も『未来の友好のために我慢』と思っていた。しかし、1000年恨まれるなら無意味。同情する気が失せた」(48歳・主婦):32.3%

●在特会のデモとカウンターの衝突が激化

在特会のヘイトスピーチ問題が取り沙汰される中、「韓国への反韓が増した」と答えた人が27.3%なのに対し「日本と韓国どっちもどっち」は11.7%にとどまった:27.3%



日韓友好ムードの“ゴリ押し”がのちの嫌韓を醸成した


【韓国が嫌いになった最大の理由は?】
・国民性(スポーツの国際試合で不正を省みず勝利にこだわる態度など)が嫌い:35.2%
・反日だから:32.1%
・領土問題:13.0%
・韓国利権が日本を侵食しようとしているから:10.4%
・個人的に韓国人と接した経験から:6.2%
・韓流ブームへの反発:2.6%
・その他:0.5%

◆日韓友好ムードの“ゴリ押し”がのちの嫌韓を醸成

嫌韓 SPA!実施のアンケートでは、韓国を嫌いになった最大の理由として「国民性(スポーツの国際試合で不正を省みず勝利にこだわる態度など)」を挙げた人が多数。それに気づいたのは’02年の日韓ワールドカップがきっかけだったという声は多い。’05年に『嫌韓流』を出版し、嫌韓ブームの草分けとなった漫画家の山野車輪氏も「’02年のW杯は今の嫌韓の源流となった記念碑的事件だった」と言う。

「あのW杯以前から、サッカーファンには韓国が嫌いな人が多かった。ただそれは、『サッカーのライバル国として嫌い』というだけで、半ばネタでいじり合う雰囲気もあったんです。それがW杯以降は“ガチ”な人が増えた」と語るのはサッカーライターの岡田康宏氏。

「単純に韓国代表のラフプレーが反感を買ったというだけではない。プレーの汚さなら中国のほうが上ですし(笑)。W杯で嫌韓ムードが盛り上がった最大の原因は、別の部分にあったと思います」

 その原因とは「韓国が疑惑の判定に助けられて勝ち上がった事実が、積極的に報じられなかったこと」だと岡田氏は言う。

「あからさまに韓国有利な判定が目につき、後にFIFAが企画したDVDの『W杯史上に残る誤審』では、同大会の韓国戦の事例が10件中4件を占めたほど。ですが、当時は日韓友好ムードを壊してはいけないという雰囲気が日本のメディアにあり、韓国に不都合な報道は明らかに少なかった。僕が韓国の試合について批判的に書こうとしたコラムに、編集者が勝手に『韓国がんばれ!』と書き足そうとしたことも(苦笑)。このような“無言の圧力”に不信感を覚えた人が多かったのでしょう」

 その後、前出の『嫌韓流』が出版され、第一次嫌韓ブームが到来。だが、嫌韓派がマジョリティに浮上したのは、それから7年を経た年のことだった(※グラフ参照)。

⇒【グラフ】はコチラ http://nikkan-spa.jp/?attachment_id=539639

嫌韓【岡田康宏氏】
’95年からサッカー情報サイト『サポティスタ』を運営し、雑誌『サッカーキング』プロデューサーも務める。アイドルファンでもあり、近著に『アイドルのいる暮らし

【山野車輪氏】 ’05年に出版されたマンガ『嫌韓流』で一世を風靡。’09年までにシリーズ4作を刊行。近著に『終戦の昭和天皇 ボナー・フェラーズが愛した日本』(原作/井上智重)

 

山野車輪「今の嫌韓は初期の嫌韓と層が違う」

◆初期の嫌韓とは異なり、愛国精神が嫌韓の土壌に
嫌韓 直接的な引き金が、李明博前大統領の「竹島上陸」と「天皇は謝罪を」発言にあったことは、SPA!が作成した嫌韓年表からも明らかだが、その前年の「お台場デモ」こそが2度目の記念碑的事件ではなかったかと、『嫌韓流』を出版し、嫌韓ブームの草分けとなった漫画家の山野車輪氏は指摘する。

「デモに集結した人々の中には主婦も多かった。大半のメディアは冷淡でしたが、一部のTVバラエティでは取り上げられ、嫌韓派がネットからお茶の間に広がるきっかけになったのは間違いない」

 話題になっているのを知り、何が起こっているのかとググってみれば韓国の“反日事例”がザクザク出てくる。「『冬ソナ』は大好きだったし、韓国語を学ぼうと思ったことも。でも、ネットで韓国人の日本に対する感情や行動を見て心底嫌いに。国交断絶してほしい」(40歳・専業主婦)など、裏切られた反動で嫌韓派に転じた人も。

 今や韓国批判は、自粛どころか大いにメディアを賑わせている。一方で、「今の嫌韓と’05年頃の嫌韓はまったく層が違う」と山野氏。

山野車輪氏
山野車輪氏
「黎明期の嫌韓は、『マスコミが報じない本当の韓国を知ろうよ』という純粋な啓蒙活動。今の嫌韓は、韓国批判がタブーだった時代が終わり、タブーとされていたこと自体が半ば忘れられている中で、保守勢力や愛国精神と密接に繋がっている。『バスに乗り遅れるな』とばかりに韓国を批判するマスコミを見ていると隔世の感があります。一方で、もはや嫌韓に時代を切り開くようなかつての面白さはない。ネタとしては基本的に竹島と慰安婦の繰り返しですから……」

 それでも当分、日本が今の嫌韓ブームに飽きることはなさそうだ。

【山野車輪氏】
’05年に出版されたマンガ『嫌韓流』で一世を風靡。’09年までにシリーズ4作を刊行。近著に『終戦の昭和天皇 ボナー・フェラーズが愛した日本』(原作/井上智重)

「韓国製品は買わない」が75% 後戻りのきかない(!?)日本の反韓感情

◆日本の反韓感情は、もはや後戻りのきかないところに……
 日本と韓国がケンカしても中国と北朝鮮を喜ばせるだけ――と憲政史家・倉山満氏は警鐘を鳴らすが(参照:「韓国人の歴史観はすべてファンタジー」)、もはや日本の国民感情は後戻りのきかないところまで来ている。

嫌韓「当然の形に着地しつつあるだけ」(48歳・通信)と「嫌韓」に胸を張る人の多いこと。今後の韓国との付き合い方を聞いてみれば、「韓国製品を買わない!」「韓流ドラマは見ない!」がいずれも70%超えと、すでに韓流が“オワコン”なのは明白だ。

 一方、積極的な嫌韓推進活動を行う人は、数の上ではまだ少数派。とはいえ、「韓国の悪いところを友人・知人に積極的に広める」という“信念の人”は、すでに20%近くに達している。「行きつけの美容院の奥さんは韓国歴史ドラマが大好き。しかもドラマの世界が真実だと勘違いしていたので、本当の韓国というものの写真を見せたりして教えてあげた」(40歳・主婦)。

 極め付きに、いずれ「日本海経由で竹島に上陸」して、日本領土であることを訴えんと気炎を上げる国士は男性ビジネスマンの18%にも(全体では11%)! くれぐれもむちゃはしないでもらいたい……。

取材・文/SPA!日韓関係研究班 写真/アフロ 撮影/岡戸雅樹 難波雄史 イラスト/サダ
http://nikkan-spa.jp/539569

0 件のコメント:

コメントを投稿